« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

ブログにいらしていただいたみなさまへ(^-^)!!

お久しぶりです

今月は全く更新できなくて・・・

それでも皆様にご訪問いただいて、コメントいただいて・・・

本当に皆様に支えられて続けてこられたということを痛感した一ヶ月でした

 

このブログにいらしてくださった皆様

本当に今年一年お世話になりました ありがとうございましたm(_ _)m!!

今後とも末永くよろしくお願い致します・・・(*^-^*)♪!!!

来年も皆様にとってよい年でありますように・・・0(*^0^*)/♪!!!

 

ここにおいでになったときは、「BESTブログランキング」「みんなのプロフィール」「JRANK」をそれぞれポチッとクリックしてやってくだせえ<(_ _)>!!!

| | コメント (6)

2006年12月29日 (金)

とか思ってたらしいの(BlogPet)

こないだ、よっちゃんが
いつも、よっちゃんは
ここにとになったときは、「BESTブログランキング」「みんなのプロフィール」「JRANK」をそれぞれポチッとってしてやってくだせえ!!!
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「けいちゃん」が書きました。

| | コメント (12)

2006年12月20日 (水)

って言ってたけど…(BlogPet)

いつも、よっちゃんは
ここにとになったときは、「BESTブログランキング」「みんなのプロフィール」「JRANK」をそれぞれポチッとクリックしてやってくだせえ<(_ _)>!!!
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「けいちゃん」が書きました。

| | コメント (24)

2006年12月13日 (水)

とか書いてた(BlogPet)

今日、よっちゃんが
「想い出シたちね、先生のことバカにしてたんですよ、いっつもふざけてからかってて・・・
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「けいちゃん」が書きました。

| | コメント (7)

2006年12月 7日 (木)

想い出は美しすぎて・・・~Vol.17~

「・・・もうセンパイと逢わないほうがいいって・・・!」

「・・・サトコ・・・っ!!??」

 

それはあまりにも

あまりにも突然な言葉・・・!!

 

・・・いや

それはウソ

心のどこかで・・・

予感してた

恐れてた言葉・・・!!!

 

「・・・どうして・・・!?」

「・・・みんなに言われたんですよ・・・もうこれ以上は見つからないうちにやめた方がいいって・・・」

「・・・だからって・・・!!」

「・・・今度担任の代わりに来る先生って、指導部のうるさいやつなんですよ・・・あと半年で卒業だし・・・ちゃんとしようかなって・・・・」

 

ちょっと困ったときのクセ うつむきかげんで髪をかきあげながら、彼女は訥々と話します

その姿をみて・・・

オイラは悟りました・・・

 

彼女はここしばらくの間、考えに考え抜いたんだと

その上で

こうしてオイラに語っているのだと・・・

 

「・・・サトコ・・・!」

 

うつむいたまま彼女は返事をしません

(ワタシだって・・・考えたんです、迷ったんです・・・!!)

そう言ってるようでした・・・!

 

ああ・・・そうだ・・・!

彼女は良心に目覚めたんだ・・・!!

自分のしてきたことで周りにどれだけ迷惑をかけたか・・・!

たとえそれが自分では正しいと思ったにせよ・・・

自分のことだけを考えた振る舞いが

どれだけ周りの人を傷つけたか

担任の先生の言葉によって気付いたんだ・・・!

 

 

・・・そこまで彼女が決心したなら・・・

あとは・・・

オイラの決断はただ一つ・・・!!!

 

 

「・・・わかった・・・!!」

「・・・!!!」

彼女が顔をあげます

 

「・・・わかったよ・・・しばらく逢うのはよそう・・・!!」

「・・・センパイ・・・!」

「・・・ただし!!」

「・・・え・・・?」

「サトコに言ったよな サトコの親にも言ったよな 『サトコが卒業したらまた伺います』って・・・!!」

 

そう

たしかにオイラはそう宣言していました あの事件で彼女の家に行ったときに・・・!!

 

「・・・だから、サトコが卒業したらオレはサトコに逢いに行く!!親御さんにも会いにいく!

・・・そう、卒業式の日、オレはここで待っている サトコがくるのを待ってる・・・!!!」

「・・・センパイ・・・!」

「もちろん!! ・・・イヤだったら来なくていい でもオレは待ってる 来ると信じて待ってるから・・・!!!」

「・・・グスッ・・・」

 

彼女のすすり泣きが聞こえてきます

 

これしかなかった

こうするしか

そのときの二人にはなかった・・・

 

 

「・・・じゃあ・・・センパイ、行きますね・・・っ・・・!!」

黙ってたサトコが顔をあげキッパリと言います

その顔には・・・

いつもの微笑みはなく

決意を秘めたキッとした瞳・・・!

「・・・うん・・・!」

「・・・さよなら・・・!!」

 

踵を返しあとも振り返らず去っていくサトコ・・・

オイラにはその後姿をただ黙って見送るしか出来ませんでした・・・

 

 

(3月・・・3月まで・・・!! オレは・・・待つ・・・!!!)

 

   つづく

 

ここにおいでになったときは、「BESTブログランキング」「みんなのプロフィール」「JRANK」をそれぞれポチッとクリックしてやってくだせえ<(_ _)>!!!

| | コメント (38)

2006年12月 6日 (水)

想い出は美しすぎて・・・~Vol.16~

それはある日突然やってきました・・・

 

いつものように学校帰りの彼女を待ってました

いつもの時間に彼女がやってきます

いつものようにオイラの顔を見つけるとうれしそ・・・う・・・??

 

・・・あれ?

 

いつもと感じがちがいます

 

ゆっくりゆっくりと

うつむいたままゆっくりと近づいてきます

 

「・・・どうしたの・・・?」

「・・・あ・・・べつに・・・」

 

クルマに乗り込んでもいつもの笑顔がありません

窓に頬杖をついてボンヤリ何かを考えています・・・

 

「・・・どうしたの・・・?」

「・・・え・・・?」

「いや、『え?』じゃなくてさ、何を考え込んでるの・・・?」

「・・・ん・・・・」

「はっきり言わなきゃわかんないよ 何かあったの?」

「いやね・・・先生のことでちょっと・・・」

「先生・・・?」

「・・・そうなんですよぉ・・・悪いことしたなあって・・・」

「・・・何が?」

「・・・あのね、担任の先生がですね、今度入院することになったんですよ」

「・・・うん・・・」

「それでね、手術するんですって それで何ヶ月か休まなきゃならないんだって・・・」

「・・・ふうん・・・?」

「今日ね、ホームルームの時間にその話聞いたんですよ・・・ そしたらね・・・ストレスでなったんですって・・・」

「・・・・・」

「『お前たちの担任として申し訳ないけど、お前たちがいろんなことを引き起こして・・・かばうどころか自分が耐え切れずに病気になってしまった 情けない』って・・・」

「・・・そう・・・」

「カイヨウっていうんですか、ストレスでそうなっちゃったんですって・・・」

「・・・うん・・・」

「・・・先生がね、ボロボロ泣きながらそう言って・・・私たちもそれ見たら泣けてきちゃって・・・」

「・・・・・」

「ワタシたちね、先生のことバカにしてたんですよ、いっつもふざけてからかってて・・・ でもこんなになるなんて・・・」

「・・・うん・・・」

「・・・もっとやさしくしてあげればよかった・・・!」

 

もとやさしくしてあげればよかった・・・この言葉が今も耳についてはなれません・・・

 

 

それからでした・・・

 

彼女はちょくちょく考え込むようになりました

「どうしたの?」

と聞くと

「・・・ううん、なんでもないですよぅ~!」

といつものあの笑顔でニッコリ

「・・・そう・・・ならいいけど・・・」

 

・・・次第に募る不安

 

やがてそれから・・・

 

少しずつ・・・

 

彼女の笑顔と笑い声が

 

見られなくなっていきました

 

 

そして

 

ついに

 

ある日のこと

 

 

いつものところでいつものように待っていました

いつものように彼女がやってきました

近頃では駆け寄ってくることもなく

いつものようにうつむいたまま 

ゆっくりゆっくりと・・・

 

「・・・おかえり!!」

いつも以上に元気に声をかけるオイラ・・・!!

 

「・・・あのね、センパイ・・・」

「・・・ん・・・?」

「・・・みんなにもいろいろ話したんですけど・・・」

「・・・うん・・・」

「・・・もうセンパイと逢わないほうがいいって・・・!」

 

 

   つづく

 

ここにおいでになったときは、「BESTブログランキング」「みんなのプロフィール」「JRANK」をそれぞれポチッとクリックしてやってくだせえ<(_ _)>!!!

  

| | コメント (14)

JRANK(BlogPet)

昨日、よっちゃんが
ここにおいでになったときは、「BESTブログランキング」「みんなの想い出」「JRANK」をそれぞれポチッとクリックしてやってくだせえ<(_ _)>!!!
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「けいちゃん」が書きました。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

想い出は美しすぎて・・・~Vol.15~

彼女を家に連れてった日・・・

 

じつは母に聞かれたことがありました

「・・・まだ、あの子と逢ってるの・・・?」

と・・・

 

オイラは答えました

「・・・うん・・・!」

 

「・・・あんた、バレたらどうするの!?また向こうの親御さんに今度は何言われるかわからんよっ!!」

「・・・そんときは・・・学校辞めてでも働くよ・・・!!」

「・・・アホなこと言っとってかんわっ!」

「・・・ちゃんと働いてたら文句は言われんだろ・・・!」

「あんたねっ!!今のアルバイトだって、今の大学行っとるからこそできるんでしょっ!!学校辞めてどーする気っ!?バカなこと言っとってかんわっ!!」

 

わかってましたよ

今の大学は一応地元では名の通った国立大学でしたから

そのおかげで率のいい、塾の先生とか家庭教師やらせてもらってましたから・・・

わかってました

でも

ハガユかった・・・!!!

今すぐにでも彼女と・・・

暮らしたかった!!!

いつも一緒にいたかった

 

きっとそれは・・・

生い立ちが似てたから

ときには理不尽なくらい

がんじがらめにされてたから

だからきっと・・・

二人は惹かれあったのだと

 

 

「・・・今日も会ってきたのか・・・?」

「・・・うん!」

「・・・そうかあ・・・見つからんようにしんと知らんよ・・・」

「・・・わかってるわ」

 

「・・・あの子もかわいそうなもんだな」

「・・・なんで・・・?」

「・・・いや、あんな厳しい親御さんではな・・・」

「・・・だから、ようグチ聞いたわ」

「・・・そうだろうなあ・・・」

 

いつしか母とボチボチとそんな会話をするようになっていました・・・

 

 

「・・・ウチに行こっか・・・!」

「・・・え・・・?」

「・・・いや、ウチに来ないか・・・?」

「・・・いいんですか・・・?」

「・・・いいよ、ちゃんと知ってるから・・・」

「・・・!? そうなんですか・・・!?」

「・・・うん」

「・・・大丈夫ですか・・・?」

「・・・大丈夫!俺たちの味方してくれてるから・・・!」

「・・・そうですかあ!!よかった・・・!!あはははは!!」

満面の笑顔をみせるサトコ

その笑顔を・・・

ずっと見ていたい

毎日が笑顔であるよう・・・

ずっとずっと・・・ずっと・・・!!!

 

 

「・・・ただいまあ・・・!」

「・・・ああ、おかえり・・・」

「・・・つれてきたよ・・・!」

「・・・は?」

・・・こんにちわあ・・・!

おそるおそるか細い声をだすサトコ・・・

「・・あら!まあ・・・いらっしゃい・・・!」

母も緊張しています(笑)

 

「・・・まあねえ・・・ワタシも立場上応援してあげるってワケにはいかないけど・・・ 世の中には10年も20年もたってからようやく一緒になれる人もいるし・・・ お前たちがずっと我慢してればいつかは上手くいくかもしれないから・・・今は我慢して見つからないようにうまくやってかんと・・・」

ポツリポツリと母が語ります

それが精一杯の言葉だったのでしょう

オイラたちはただただ黙って話を聞いてました

 

(サトコが卒業して、オイラが一人前に働くようになったら・・・サトコが短大出たら・・・!!)

オイラの心はすでに固まってました

サトコはただ・・・

笑ってオイラの顔を見つめていました

あの笑顔で・・・!!!

 

 

今思えば一番幸せだった時だったかもしれません

それがなぜ・・・!!

 

   つづく

 

ここにおいでになったときは、「BESTブログランキング」「みんなのプロフィール」「JRANK」をそれぞれポチッとクリックしてやってくだせえ<(_ _)>!!!

| | コメント (22)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »